新着エントリー

医者が僕に言い放った○○○○がショックでした

愛される美容室経営

市川/東船橋アヤラ小山田絢一




インフルエンザが流行っていますよね





2月の残りあとわずかですね~

急に寒くなったり風が強かったりして、

体調を崩してしまう方も多いんじゃないですかね~

 

調子が悪いと最高のパフォーマンスでお客様にご対応できないし

具合悪そうな顔で接客されたらたまったもんじゃない

お客様に失礼ですよね~とか思っちゃう

インフルエンザだったら約5日はお休みをとることを推奨されるし

美容師としては痛すぎると思うんです

(体調悪くしたくてなっているんじゃない、というのはわかっていますが今回はあえてきつめに言っていますよ)

 

だから僕は、

少しでも体に違和感を感じたらすぐにお医者様に診てもらうことにしています

僕は喉が弱いんで先日のどに違和感を感じたので、ある内科で診てもらうことにしたんです

 

お医者様もいろんな人がいますもんね





病院につきました

違和感があるのはノドだけなんですが念のため、『インフルエンザの診断』を希望してしばし待ちます

もし、インフルだったら目も当てられないですからね~

待つこと40分ようやく呼ばれました

 

【お医者様とのやり取り】

 

事前に僕が自分で書いたカルテを見ながら

『お医者様』

「ノドが痛いんですね」

「昨日からということで」

「熱は特になしと」

「じゃ、ノド診せて下さいね~」

「ハイ、胸の音聞かせて下さいね~」

「ハイ、問題ないですね~」

「熱が38度ないんでインフルエンザの診断はできませんのでもし熱が出たら来てくださいね~」

 

『僕』

「あっ、熱がないと診断してもらえないんですか?」

「もしもの時の為にいろいろ対処しておきたいんですけど」

「潜伏期間中にやっておくといいことってなにかありますか?」

 

『お医者様』

「もし、ウィルスに感染していたらいずれ熱が出るのでそうしたらお薬出しますからまた来てくださいね」

「今の薬はすぐ熱下がるから大丈夫ですよ」

 

『僕』

「でも、しばらく仕事休まなきゃいけなくなりますよね?」

「その休む期間を少しでも短くするために今、できることはありますか?」

 

『お医者様』

「もし、感染していたら仕方がないですよ」

「ワクチン打っておけばよかったんじゃないですか」

「熱が出るまでは薬も出せないんで出てから来てください」

 

『僕』

「・・・・・・・・・・・・・・。」

「わかりました、ありがとうございました」

 

 

全て自分の責任、しかしその時できることは





 

ありがたいことに明日も明後日も、2か月先まで予約は入っています

のどに違和感があるのは僕の責任です

お客様にご迷惑をかけることになれば、自分に非があるので全力でお詫びします

 

しかし、その時のダメージを最小限にするためにできることを考えて対処しておく必要はあると思うんです

 

●潜伏期間だけで済んで高熱が出ない処置方法があるのであれば実行する

●できるだけ休む期間を短くする方法があるのであれば実行する

●たとえ休んでしまっても代わりのスタイリストに前もってお願いしておく

●休む可能性のある日の予約はお取りしないように指示を出す

食事はどんなものを摂ったらよりいいか

 

 

前もってできることってあると思うので、ただ、何もしないっていうのはできないんです

 

だからね

「熱が出てから来てくださいね」

だけだったのにはショックだったんです

 

 




今はググればなんでも出てくる





今はググればあるていどのことであればなんでも解決できちゃう時代ですよね

実際、僕も病院帰りにググりました

 

●なんで38度の熱がないと診察できないのか

●潜伏期間にしておくといいことはあるのか

●潜伏期間は何日くらいなのか

●食事で抵抗が増す食べ物はあるのか

 

はい、解決しました

 

納得しました

 

でも、そんなググれば解決しちゃうようなことを、

目の前で診察してくれているお医者様の口からききたかった

 

 

美容室のカウンセリングも同じじゃないですか





ある程度の知識をもって美容室に来店される方がほとんどですよね

 

そんな時、目の前で髪を見てくれている美容師さんが、

まさに自分が調べたことと同じような事を指摘してくれた

 

または

調べたこととは違う意見を、しっかりとした理由と共に教えてくれた

 

そんな時に信頼って増すんじゃないかなって

 

「傷んでるからできませんね~」

「髪質が違うから難しいですね~」

 

だけで終わりにしていませんか?

 

お客様の希望をお伺いしたうえでデザインとして素敵であれば

その希望はどういったプロセスで進んでいけば実現できるのか

 

をしっかりお話してほしいものです

 

 

あっ、ちなみに

 

僕はインフルエンザではございまセン

 

それと、

今回は自分がカウンセリングの際に意識していることを

たまたま

お医者様を例にとってお話ししましたが

決してすべてのお医者様の対応を否定しているわけではありませんよ~

 

あしからず

 

さぁ、、

 

ガンバろっ。。さぁ、

ガンバろっ。



5/12(土)ayana by ayala 浦安に新店舗OPEN!!

〒279-0002千葉県浦安市北栄1-1-3柳内ビル1F

℡047-712-6600

東西線 浦安駅 南口 徒歩3分

アヤラリクルートスタッフ動画はこちらからご覧下さい♪⤵



新店舗オープンにつきメンバー募集中です♪

美プロ求人情報はこちらから⤵

https://www.kenkou-job.com/com-10249/job-16261/

インスタグラムフォローお願いします♪

アヤラサロンインスタグラム⤵

https://www.instagram.com/ayala_organic_spa/

アヤラスタイル写真インスタグラム⤵

https://www.instagram.com/ayala_style/

千葉県市川市市川駅南口徒歩1分/千葉県船橋市東船橋駅南口徒歩1分/ラグジュアリーヘッドスパ/オーガニックヘッドスパが評判な美容室/美容院

【市川店】

10:00~19:00

【東船橋店】

平日10:00~20:00

火曜日10:00~19:00

土日祝9:30~19:30

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.